春ライブ【バナナボートDay O】ライブレポート

2017年 3月5日(日) 
恵比寿天窓 SWITCHにて

今回は急だったので歌えなかったが
私のデビューステージ101のテーマソング「涙をこえて」の作詞者 
かぜ耕士さんに来て頂けたのは至福である。

ライブが終了して1週間!
ご来場いただきました皆様 本当にありがとうございました!

今回のバンド編成はお互いに初めてというメンバー。
初めて歌う曲や自分での訳詞の曲などがありほんとにこの23日はドキドキ。

新潟から 栃木から 鎌倉から、名古屋から 茅ヶ崎から、福島から・・・と
遠路はるばるお越しいただきもうテンションmax

                                        曲目








     


























    















































1曲ごとに声質を変えて歌うのは私の売り!観客の皆様を飽きさせないよう考えている。
可愛く歌う曲もあれば しっかりベルティングで歌う曲もある。
セクシーに迫る曲もあればクラッシックのソプラノを使うときもある。
もちろんヨーデルソングは私の得意とするところでスーパートレモロヨーデルを今回もご披露。

ドキドキもするがお二人の巨匠に見守られながらのライブ!テンションも上がるわけだ。

予定通り(笑)無理やりアンコールで「サンバブラジル」歌ったと思ったらまた「アンコール!」
ちょっと早く終わりそうだったので「よし何かうたお!」とマイクの前にたったとき
後ろからピアノの江草さんが「まだブンガワンソロ」歌ってないよとな・・・(笑)

この歌は私の亡母の母国「ジャワ」の歌。母へのレクイエムではないけれど
バンドで歌った事はなかったので今日は思いが叶った。

「バナナボートデーオ」の掛け合いもグー!
「マイマイマイ」は私の下手ピアノ伴奏でみなさまに歌っていただいた。

 ライブは昔はカッチリしたものがいいと思っていた。

でも今回はアットホームもいいところ。だんだんライブの本質がこの年齢になってわかってきた。(笑)

歌謡曲シンガーのたてようこさんの関係で 
あのクリアトーンズのバンマス 岡 宏先生が観客席に!!

彼はキム・ヨンジャさんのご主人でも知られているが
74年にクリアトーンズを結成して今も変わらず!ご活躍だ。
5月はたてさんのコンサートにて
ゲスト出演することになっているがこの
クリアトーンズで歌わせていただくことになっている。

①「丘を越えて」→「高原列車は行く」
Ive Got You Under My Skin
Bye ByeBlackBird(4beat
Begin the Beguine(ビギン)
Hawaiian Wedding Song
My Funny Valentine
⑦想い出のグリーングラス
Smile(日本語訳詞 八月真澄)
⑨「マイ・マイ・マイ」ピアノ弾き語り
Banana Boat DayO
Bengawan Solo(ルンバ)
⑫山の人気者
Adoro
Jamaica Farewell 
⑮サンバブラジル